++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2008年10月12日

土浦無差別殺傷事件、概要

「加藤はおかしい」「秋葉原事件うらやましい」身勝手な持論展開 土浦連続殺傷犯単独インタビュー:iza>>

今年の三月に起きた、JR駅での殺傷事件。
殺人事件などの報道が多すぎて、まだほんの七ヶ月前だというのに、私は既に、この事件のコトを忘れきっていた。

マスコミを騒がせてやりたい。
世間を驚かせたい。

そんなちっぽけな動機が、近年は流行っている。


2008年、1月。
複数のコンビニでアルバイトをしていた金川真大容疑者は、自宅近くのコンビニを辞めた。

辞める際の理由は「目標の金額が貯まったから」だという。

2月。
文化包丁を購入し、自室の壁に赤色で「死」の文字を書いた。

3月19日より数日前。
口座から、ほぼ全額の約40(60)万円を引き出た。

2008年3月19日、朝。
妹を殺そうとしたが、家にいなかったため、家を出て小学校へ向かう。
この日は、出身小学校の卒業式だった。

そこで誰かを殺そうと思ったが、卒業式で先生も保護者も多くいたので、殺すのをやめた。

午前9時15分頃。
帰る途中にある、三浦芳一さん(72)の家の前で、たまたま見かけた三浦さんを、背後から刺した。

午前9時20分頃。
三浦さんの自宅で次女(34)が「助けてくれ」という声を聞き、玄関先で血を流して倒れている三浦さんを発見。

金川容疑者は自宅に戻って着替えた後、逃走した。
着替えた後の、血痕のついた服は、自宅の部屋に置いていった。

3月19日。
荒川沖駅から秋葉原駅へ移動。
近くの理髪店で頭を丸刈りにし、21日まで、同駅近くのビジネスホテルに宿泊。

家に残していた、もう1台の携帯電話に複数のメールを送信した。
「おれが神だ」
「おれがやることがすべてだ」
「おれも自分を終わりにしたい」

3月21日。
三浦さん宅付近に置いてあったマウンテンバイクの防犯登録から、金川真大容疑者が判明。
全国に指名手配された。

3月22日、午後0時42分。
荒川沖駅付近で、「早く捕まえてごらん」と自分の携帯で110番。

オペレーターの「お名前は」の問いに「金川真大です」と答えた。
約1時間後の午後1時38分にも無言電話をした後、再び都内に戻って別のビジネスホテルに宿泊。

県警は発信記録から、最初の連絡が荒川沖駅周辺。
2度目がJR取手駅周辺であったことを突き止めた。

警視庁や千葉県警、JR東日本にも協力を依頼し、金川容疑者の行方を追った。

3月23日、午前11時頃。
荒川沖駅に到着。

両手に文化包丁(全長30.5センチ)とサバイバルナイフ(全長33センチ)を構え、全力で走りながら、JR常磐線荒川沖駅付近の「荒川沖ショッピングセンター・さんぱる長崎屋」の入り口前で、通行人を次々と刺していった。

包丁は市内で、ナイフは携帯電話のサイトを通じて購入したと供述している。 

男性が一人死亡。
男女が二人が重体。
五人が軽傷。

そのうちの一人は、土浦署の男性巡査だった。

金川容疑者は、駅近くの交番の不在転送電話から土浦署に電話。
「おれがやった」と話し、駆け付けた警察官に取り押さえられた。

被害者8人のうち、5人が駅構内の改札付近、2人が駅前の「荒川沖ショッピングセンター」に通じる連絡通路で刺され、1人は同センター入り口に居合わせたところを、最後に刺された。

駅前のスーパーは、警察の要請を受けて事件発生直後から営業を中止。
日曜のため店内には多くの買い物客がいたが、全員が外に出された。


【発生直後の様子】
発生直後に現場を通りかかった会社員は、肩の辺りを血で染めた知人の60代男性と擦れ違った。

男性は「男が大声でうなりながら、暴れ回るように刃物を振り回して、いきなり向かってきた。腕を切り付けられた」と、手で傷を押さえながら話した。

男性は警察官に付き添われ、そのまま救急車で病院に運ばれた。

同駅の宇佐美博助役は、「刺された」「救急車を呼んでくれ」という叫び声を聞いて飛び出したところ、改札前に血を流して倒れている男女5人の姿が目に飛び込んできた。

犯人が逃げた方向を追っていくと、駅前のスーパーに通じる通路上にさらに数人が横たわっており、通行人と一緒にタオルなどで手当てした。

近くに住む主婦は、スーパーの前で首を切られて倒れていた若い男性に声を掛けた。
返事はなく、ほとんど意識がない状態だったという。


【茨城県警の動き】
指名手配犯の逮捕を目指し、約170人の捜査員を投入。

金川容疑者の、自宅最寄り駅の荒川沖駅は最重要警戒地点。
私服の捜査員8人を配置したが、頭を丸刈りにし、眼鏡をかけるなどの変装をした金川真大容疑者を、見抜けなかった。

警戒中の捜査員は無線機を使わず、制服警察官も配置しておらず、金川容疑者の、最近の写真も用意していなかった。

県警幹部は「8人は十分の態勢だったと思う。警戒を怠ったわけではない」と強調した。

【参考】
警戒中の凶行、県警捜査に不備? 変装・金川容疑者に気づかず:産経ニュース
土浦で8人刺される 指名手配の犯人逮捕:産経ニュース>>
時事ドットコム>>
gooニュース>>

posted by 隠密 at 02:22 | ラスベガス ☀ | TrackBack(1) | 事件・事故
--- Page top ---

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107951204

TBポリシーに基づいて、不必要なモノは削除します。
トラックバックとは:IT用語辞典>>
■この記事へのトラックバック

オブラート
Excerpt: 「秋葉原事件うらやましい」身勝手な持論展開 土浦連続殺傷犯単独インタビュー>「秋葉原事件がうらやましい。僕より多く殺しているから…」。茨城県土浦市のJR荒川沖駅で3月、8人を刃物で殺傷した金川真大(か..
Weblog: 街。の声
Tracked: 2008-10-12 12:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。