++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2009年05月06日

どこも経営難か…

今時のゲーセンは、大変みたいだ。

不況直撃 100円ゲーム値上げ:iza>>
--------------
「100円玉ビジネス」として値段を変えないできたゲームセンター業界で、運営会社が料金の値上げに向けた動きが進んでいる。

【中略】

スクウェア・エニックス・ホールディングス(HD)傘下でゲームセンター運営を手掛けるタイトーは、渋谷店(東京都渋谷区)など3店舗で、2月から100円のゲーム料金を20円引き上げた。

店のスタッフは「来店客からは不満の声は聞かない」という。

タイトーでは試験期間の来店者数などを検証し、他店舗での値上げを検討する。
--------------


10円玉を出すのが面倒だな…と感じるのは、100円ゲームに慣れているせいか。

ゲーセンも昔ほどの魅力が、なくなってきた。
誰でも気軽に、家や携帯やPCでゲームが出来る時代になったから。

ゲーセンにわざわざ行くのは、本当にゲームが好きだとか、対戦ゲームをしに行くなど、そういった人が主だろう。

そういった人の人口は、そんなには多くない(苦笑)。

それに、ちょっと気軽に遊べるモノが少ない。
ちょっと気軽にやろうと思って始めても、そういう人たちにはレベル高い!!ってゲームしかない。

ゲームをやってきた人しか、遊べないゲームしか置いてないので、行ってもつまらないから、もう行かなくなる。

後はパチンコできない未成年が、メダルゲームをしに行く…などだろうか。
溜まる場所がゲーセンしかないから、行く…とか。

なにか、ゲーム以外の要素で人を呼ぶしかなさそうだ。


いまは自分のゲーセンに行ってないが。

たとえばPCを弄るタイプなので、店内にパソがあって、使わせてもらえたらいいな…とか。

それだとネットカフェか(苦笑)。


学生の頃に行っていたゲーセンは、同人描きが集まるゲーセンだった。

どうしてそうなったかは知らんが。

店内の机とイスのある、狭いスペースがあり、ゲームをしたりイラストの話をしたり…で、色んな人が集まっていた。

置いてあるゲームも、格闘ゲームはストファイと餓狼ぐらい。

当時、同人のゲームジャンルで比較的、人気のあったゲームだから、いまだと確実にギルティを置くだろう(笑)。

あとはマージャンとか。
陣取りゲームとか。
優しいシューティングとか。
落ちゲーとか。

カウンターにはノートが置いてあり、来れなかった人や、来たけど会えなかった人のためにメーッセージを残せたりしていた。

ゲームもするが、イラストの情報交換が主流だった気がする。
そうやって、人から技術を教えてもらったりしていた。


値段云々を見直すのもいいが、やはり店の特色を掴むか、作るかしないと、根本的な解決にはならないのかもしれない。

posted by 隠密 at 13:14 | ラスベガス ☁ | TrackBack(0) | ゲーム関連
--- Page top ---

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118718620

TBポリシーに基づいて、不必要なモノは削除します。
トラックバックとは:IT用語辞典>>
■この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。