++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2011年08月19日

希望を持ってはならんぞ(笑)。

45歳年下の女性と再婚してしまった(笑)、加藤茶さん。
その新妻を自身のブログで、紹介したそうだ。

「めちゃくちゃ美人!」加藤茶が45歳年下の新妻をブログで紹介:Yahoo!>>

美人というか、可愛らしい顔立ちの女性である。
私がもう少し若ければ「美人」と感じるかも知れないが、何分、私も年齢が逝っているので、「可愛らしい」という印象になるようだ(苦笑)。

加藤茶さんは前妻も、18歳年下であった。

愛があれば年の差なんて!!
まだまだ、俺にもチャンスがあるのかも!!


…と少しでも思った男性は、注意して欲しい。
それは幻想である。
早く目を覚ますがよい。

現実で、そんなことになる確率は、針の穴にそうめんを通すようなモノだ(頑張れば出来るかもね)。

韓流ブームで日本人女性が韓国語を習い、韓国に精通し、できれば韓国人男性と結婚したい!!
…と願っても、一般韓国人男性は困っているという。

ドラマに出るような韓国人男性が、その辺にゴロゴロと転がっているわけがない。
それで失望する女性もいるというが、韓国人男性は言っている。

「それ(芸能人レベル)を韓国の一般人男性に求めるのは酷ってものじゃないですかね」

愛があれば越えられる歳の差は、そもそも両想いだったり、本当にお互いが一目ぼれだったり、無茶苦茶タイプだったりした場合である。

特にこれといって、何もない状態では、年の差どころか何も越えられないのだ。

「いや〜〜〜〜、人間は顔じゃなくて、中身だよ!!」
と言えるほど、貴方の中身はいいのか。
顔に負けないぐらい、下手をすれば顔をカバー出来るぐらい、良い中身をしているのか。

少なくとも女性も男性も、最初は顔から入るものである(苦笑)。
中身は後から判断される…それが現実なのだ…。

救いなのは、そこまで高いレベルの顔を求めていない女性も、ちゃんといるということだ。
好みか、好みではないかレベルでは求めているが。

後はホントに中身で勝負だが、年の差を越えるのは無理と思って臨むが良いだろう(笑)。
ダメだった時のショックが少ないからな。

よほど、「なにか」を持っていないと年の差は普通、越えられないものなのである。
加藤茶さんは、「なにか」を持っていたのだろう。
既に「芸能人」ということだけで「なにか」を持っているわけだし。

他にも持ってるだろうと思われる。

posted by 隠密 at 15:11 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---


■この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。