++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2007年07月27日

貴方の当時の記憶は、100%ですか?

日本の裁判は、時間が掛かりすぎる…というのは、もう「常識」という感じになってきているのが恐ろしい。

かといって、スピード裁判だと冤罪を招く恐れがある、という所もあるが、スピード裁判だったらきっと、証言にもっと一貫性が見られるのではないか、と思えてならない。

精神不安定・情緒不安定を「最初から」装うようにするだろうから。

「アパートが怪物に見えた」 光市母子殺害公判:iza>>

1999年…平成11年の事件で、もう8年も経っている。

強烈な思いや、大きな事柄があったなら、「あぁ、あの頃は確か…」と、そこはかとなく思い出せるものだが、鮮明には思い出せない。

加えて、何事もなく穏やかに時を過ごしていた者にとっての8年前などは、全く記憶にないぐらい思い出せない。

1999年といえば、2000年問題に向けてPCのデータがとか言われていたのを思い出す。

その他を浚ってみると、ヨルダンのフセイン国王が死去したとか、石原慎太郎氏が東京都知事に当選したとか、ノストラダムスが人類滅亡を予言した年だったとか。

いま思えば「あぁ、そんなコトがあったかな?」だ。

人の記憶とは薄れていくよりも、改変されることの方が多い。
主に、自分の都合の良いように改変するもんだ。

人の思い出話というのは不思議なもので。
「ありったけの美談や英雄談」(注:本人にとっては)に仕立て上げて、他人に語ろうとするものである。

自分が覚えている過去の記憶。
それを他人に語るかブログで語るとき、多少の「ウソ」はないだろうか。

特に切羽詰った状況を伝えるためには、言葉の技が必要にもなる。
特にテキストだけで語る場合は。

また、ウソではなくとも、ちょっと忘れている数秒の部分の辻褄を合わせるために「情景を付け足す」というコトをしていないか?

海で溺れた→苦しかった→気が付いたら、ライフセイバーの人がいた。

海で溺れた→もうダメだと思った(苦しかった=もうダメだと思った)→気が付いたら、ライフセイバーの人がいた。

ライフセイバーの人が、必死で助けてくれたんだと、後から知った。

海で溺れた→苦しかった→もうダメだ…と思ったとき、誰かが自分の体を持ち上げた気がした→気が付いたら、ライフセイバーの人がいた。


100%、全く改変していないと言える人は、親と話をするといい。
子供と親、という関係ですら、記憶に食い違いがあると判るであろう。

昔の記憶を語る前に、私たちは色々な場所から、様々な情報を得ている。
その情報を、記憶に植えつけてはいないだろうか。

人が覚えていられるのは、写真やコマ送りのような「強烈な映像の瞬間」であって、「時間系列に沿った記憶」ではないのでは?と私は思う。


強烈に覚えているであろう、と思われる被告人の証言は、8年も前のコトを、本当に覚えているんだろうか。

本人が、その事柄自体を「強烈」な記憶として認識していなければ、忘れてしまっている、という危険性は無論、裁判で考慮はされないであろうが。

8年も経てば、色んな情報が手に入るだろう。
日本は犯罪者にも優しい国なので。

しかし彼の知恵だけで裁判を行うわけではない。
そこには弁護人がいる。

どんな犯罪者であれ、弁護人は依頼人(被告人)を弁護せねばならない。
どれだけ小さな「小噺」でも、証言として有利であると考えれば、それを主張せざるを得ない。

これは全くたとえ話だが。
被告人が「自転車のところに戻ったとき、手に持っていた」のは「弥生さん(被害者)の財布」。

そもそもは粘着をテープを持って被害者宅に入ったのだが、出てきた時は財布である。

被告は第3回公判で、「財布を粘着テープと間違えた」とし、第5回公判で「財布を持っているのに気づいた」「テープは父のものだったので怒られると思った」と言っている。

確かにテープを家から持ち出したが(ホントはどうか知らないけど)、それは「父のものだった」と思い出せば、この話は成立する。

彼の「当時の記憶」として。

財布の話は置いといて、その粘着テープはどうしたの?
何処から持ってきたの?自分で用意したの?
家にあったの?誰が買ったの?

これを質問すれば良いだけだ。
で、もしも「多分、お父さんが買ったんだと思う」という様なコトを言ったならば。

その返答の中に「多分、お父さんが買ったんだと思う」という曖昧な「多分」や「だと思う」部分は、弁護では当然、割愛されることにはなるんだろう。


ところで粘着テープといえばガムテープ…でいいのだろうか。
ガムテープは何かの事情(学校で使うとか)がない限り、大抵は親が買って家においてありますよね。

家事をするものにとって、ゴミ出しにも必要だし、ちょっとした時に要りますので。
荷物ヒモなんかも、そうですね。

弁護士は知らず知らずのうちに、コールド・リーディングを施しているのでは?

posted by 隠密 at 23:59 | ラスベガス ☀ | TrackBack(1) | 事件・事故
--- Page top ---


■この記事へのトラックバック

ほんとに馬鹿じゃないの!?
Excerpt: ◆◇関連記事◇◆【詳報】光市母子殺害・差し戻し審第5回(産経新聞) 「一度ならずも二度もふざけた事を言うか」と思いました。前回の時は「ドラえもんが何とかしてくれる」という現実離れした発言が出ましたが、..
Weblog: TORUOTAのポジティブライフで行こう!
Tracked: 2007-07-28 02:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。