++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2007年09月08日

何を恐れているのか知りたい

「山口県光市の母子殺害事件」は、1999年の事件。
既に8年も経っているのに、まだ裁判が続いている。
日本だけ遅いのか、どこもそうなのか…。

懲戒請求4000件超える 光母子殺害TV発言で:iza>>

橋下弁護士が「たかじんのそこまで言って委員会」で、被告の元少年(26)の死刑回避を訴える弁護士への懲戒処分請求を「呼びかけた」コトに対し、被告の弁護団と橋下弁護士が揉めている。

当時、ちょうど私も番組を見ていたが、ウロ覚えだ(笑)。
だが確かに、橋下弁護士が被告弁護団に対し、懲戒請求をすりゃ良いんだよ、と言っていたのは覚えている。

こっちは素人で、しかも裁判に関係のない立場の人が、被告弁護士団に不信感を抱いていても、どうしようもないと思っていた。

しかし、そういう方法で訴えかけるコトも出来るんだなぁ…と知ったのが、懲戒請求である。

それを教えてくれただけなら問題ない!!と言いたかったが、その行為を「煽っただろ」と言われれば、確かにそれ、その通りに見えるのだが。

「世間は弁護人が被告を誘導して主張を変えさせたと思っている」
―――思ってますよ、私は。
「『刑事弁護はここまでやっていいのか』と思えば弁護士会への信用は損なわれる」
―――そもそも裁判自体が、揚げ足取りの世界ですから…。
「しかし橋下弁護士自らは、懲戒請求していない。」

これでひとまず、「世間を扇動した」という部分を幾分かは免れ、世間様の判断に任せただけである…という反論が(重ねて言うが、幾分かは)成り立ちそうです。

ただ、そういう方法があるんだけど、知ってた?
やってみたらいいよ、とだけ言っているコトになる。
自分もするから、みんなもやろう!!とは言ってないし、自分もやったので、貴方もどうですか?とも言ってない。


その懲戒請求ですが、これまで知らなかった人も多くいたでしょう。
日弁連のHPで見てみると。

「弁護士等に対する懲戒の請求は、事件の依頼者や相手方などの関係者に限らず誰でもでき、その弁護士等の所属弁護士会に請求します」

誰でも出来るのか!!

しかし請求したからといって、必ず通るワケではない。
請求される弁護士に、何かしらの問題がなければ処分出来ない(当然だが)。

その請求理由には。

「弁護士法や所属弁護士会・日弁連の会則に違反したり、所属弁護士会の秩序・信用を害したり、その他職務の内外を問わず「品位を失うべき非行」があったときに、懲戒を受けます」

おそらく橋下弁護士の考える、請求できる理由は「所属弁護士会の秩序・信用を害した」になるのであろう。

しかし、多くの請求があったから処分されるワケでもないだろう。
多数決のように、数で処分を決定されるのではない。

もし多数決で決まるのであれば、TVという媒体を使って呼びかけたコトが扇動に繋がると言われれば、それまでであるのだが。

だが実際の説明には。

「弁護士会は綱紀委員会に事案の調査をさせ、綱紀委員会は前述の懲戒委員会に事案の審査を求めることが相当かどうかについて議決をします。

なお、弁護士会自らの判断で綱紀委員会に調査をさせることもできます」


取りあえず審査されるのだ。
それで処分が妥当か、そうでないかを判断する。

「その審査の結果、審査不相当(処分する必要なし)と議決されれば、その弁護士等を懲戒しない旨の決定をし、弁護士会での手続としては一応終了します」

処分される理由がないのなら、何も困る必要がない…のではないか?

弁護士として当然の義務を果たしており、「刑事弁護活動には、社会に敵視されても被告の利益を守らなければならない困難を伴う」という理念が罷り通れば、きっと弁護士団は審査不相当と判断されるはずである。

業務は全く妨害していないように思う。
懲戒請求した件数が、確かにあまりにも多く、突然に膨れ上がった数値ではあろうが、そもそも「誰が請求してもいい」制度となっている。

「あまりに大多数の請求があるので、きっと被告弁護団は不当なのだろう。
だから処分します。」

なんてコトになったら、弁護士会は審査・調査に関係なく、世風に流されて判断しているコトになるのだから、そっちの方が大問題だ。

だから、自分たちが何も不当なコトはしていないと信じているなら、困る理由がない…のじゃないかと思う。

審査に入られるコト自体が、業務妨害になる!!
なんてコトになったら、懲戒請求の仕組み自体に異論を申し立てるコトになるのだし。

【参考】
日本弁護士連合会懲戒制度>>

posted by 隠密 at 23:59 | ラスベガス ☀ | TrackBack(1) | 国内関連
--- Page top ---


■この記事へのトラックバック

丸山和也参院議員が橋下徹弁護士に苦言「発言やや軽い」(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? せめて、小生のブログだけでも、橋下弁護士を応援していきたい。(・◇・)ゞ
Excerpt: 丸山和也参院議員が橋下徹弁護士に苦言「発言やや軽い」(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?  橋下徹弁護士のテレビ番組での発言を巡り、山口県光市の母子殺害事件で被告の元少年の弁護人のうち4人から、損害賠償請求を..
Weblog: チョクのブログ
Tracked: 2007-09-10 18:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。