++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2008年05月09日

その皺寄せは、患者に行くんですよね?

何となく見ていた記事だった。
【コラム・断】麻酔科医の逆襲:iza>>
------------------
最近、病院に所属しないフリーの麻酔科医が増えている。
医療機関と個別に契約して、手術のときだけ麻酔を請け負うのだ。
これだと自分の予定を優先できるし、休みも取りやすい。当直もないし、緊急手術にも応じなくていい。
それで年収が5000万を超える者も少なくないという。
------------------


あまりピンと来ないかも知れないが麻酔科医は、手術をするのに必要不可欠なスタッフなのだ。

誰だって麻酔ナシで手術は受けられない。
昔はモルヒネが麻酔代わりだったが、痛みを和らげるだけで麻酔じゃない。
痛そうだ…。

安心して手術を受けるには、どうしても麻酔をしなければならないが、これは医者ではなく、上記の通り麻酔科医がやることになる。

医者が全て出来るワケじゃなく、それとは別に資格だったか、許可だったか、研修だったかが必要だそうだ。

この麻酔科医が不足のため、手術の件数が制限されてしまっているのだとか。

-----------------
外科医も看護師も手術室も空いているのに、麻酔科医がいないために手術ができないのだ。

このような圧倒的な売り手市場を背景に、麻酔科医はどんどんフリーとなり、好条件の勤務を続けている。
病院に残って割安の収入で、当直も緊急手術もこなす奇特な麻酔科医はいないものか。
-----------------


自分のライフスタイルを大事にしたいから、フリーとなる人が多いのだろう。
お金の問題、生活の問題は大切ですから、それはそれで、別に何とも思わなかったのだが。

筆者の、この後の文面に仰天。

---------------
いや、それはむずかしいだろう。
なぜなら、この状況はいわば麻酔科医の積年の恨みによる逆襲だからだ。

私も麻酔科に所属していたからわかるが、外科医の中には麻酔科医を陰で軽んじる者も多いし、患者も直接病気を治さない麻酔科医にはめったに感謝しない。
---------------


積年の恨みによる逆襲で、どれだけの人が手術出来ずにいるんでしょうね…。

いえ、もちろん麻酔科医を軽んじている医者がいるコトなどは知っています。
そういう内部的なモノの要因だけならば、納得していた記事だったのに、「患者も直接病気を治さない麻酔科医にはめったに感謝しない。」って言われましても…。

感謝されるために麻酔科医になったのであろうか、筆者は。
そりゃ感謝されたいだろうし、感謝されれば誰でも嬉しいが。

麻酔科医を軽んじる外科医に「お前らのせいだ」と言い、麻酔科医に感謝の言葉を掛けない患者に「お前らのせいだ」と言い。
つまりは両方、憎いってコトか?

ちょっと医療に携わる人に、幻想を抱きすぎたかな…。
看護婦の親族がやたら多いから、一応、現実を見ていたつもりだったのだが。

命が助かって元気になってくれたら嬉しい、それが感謝の印!!とかじゃないんだ。
やっぱり感謝して欲しいんだ、ダイレクトに。言葉で。解るように。

それが現実なのですね。

そんで、積年の恨みによる逆襲の結果の現実は、患者が手術出来ずに手遅れになるってコトなのだな。

posted by 隠密 at 00:13 | ラスベガス ☀ | TrackBack(1) | 国内関連
--- Page top ---

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96096943

TBポリシーに基づいて、不必要なモノは削除します。
トラックバックとは:IT用語辞典>>
■この記事へのトラックバック

[地域医療の危機]公立病院がなくなる日?
Excerpt: 総務省、公立病院改革を調査日本経済新聞 2008/04/29  総務省は各自治体が抱える公立病院の改革状況の調査を始めた。4月中に都道府県や市町村に医療拠点の再編計画や改革プランの検討スケジュールを提..
Weblog: 東京日和@元勤務医の日々
Tracked: 2008-05-10 06:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。