++ 最近の日誌 ++
| なかなか、こっちにこれない(笑)。 (12月29日) | 【お知らせ】 (07月25日) | 明けまして、おめでとうございます。 (01月01日) | 尼崎遺体遺棄事件【捜査中】 (10月20日) | 出来ない事だけを想像する世代。 (08月29日) | 24時間は、もう要らない。 (08月28日) | お疲れ様でした。 (06月14日) | ハリボテか紙飛行機かシャボン玉か。 (04月14日) | 監視カメラ。 (04月13日) | スッキリしなかった…。 (02月01日) | ネットを信頼する? (01月07日) | 作れる人は、作ろうよ…。 (01月01日) | 今年も終わりですね。 (12月31日) | あぁ…久し振りだ…(苦笑)。 (12月12日) | コロンバイン高校銃乱射事件録 (10月13日) | 忙しいな…(苦笑)。 (09月21日) | メールは、どこから来たんだろうな? (08月24日) | あくまでも、妄想です。 (08月24日) | 「構ってちゃん」になってました…(苦笑)。 (08月20日) | 希望を持ってはならんぞ(笑)。 (08月19日) |

2008年07月05日

冷凍ボトルを初めて見たとき…

少し暑い時期の遠足や、夏真っ盛りの時の運動会、体育祭には、冷凍庫で凍らせたお茶を用意するのが常だった。

空のペットボトルに麦茶を入れて凍らせて、リュックの一番下に横に寝かせて入れておき、その上にタオル。
その上には溶けたら困るチョコなどのオヤツや果物。
それから弁当を…などと、下から順に、冷やしたいものを投入するという技も必要だった。

ペットボトルの上に置いたタオルは、いざ取り出す時間になると程よく冷えており、これも遠足の醍醐味だった。

夏のレジャーのお供に、凍らせて飲む「氷冷緑茶」:excite>>
------------------
そんな夏にうってつけの商品を見つけた。
伊藤園が4月28日に発売した「冷凍ボトル 氷冷緑茶」だ。

なんでもこの商品、「凍らせたものを溶かしながら飲むことを想定して設計された」飲み物なのだとか。
------------------


この冷凍お茶の発売より遡ること1年か2年前。
コンビニでスポーツドリンクの冷凍ドリンクが発売され、店頭で見かけるようになった。

続きを読む

posted by 隠密 at 23:59 | ラスベガス ☁ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年06月28日

前と同じコトを言いたいんだけども

コンビニ深夜営業めぐり自治体と業界バトル 「温暖化防止」「防犯、インフラ」:iza>>
--------------------
地球温暖化防止のため、二酸化炭素(CO2)削減が叫ばれる中、24時間営業が売り物のコンビニエンスストアの深夜営業に自粛を求める動きが出てきた。
火ぶたを切ったのは埼玉県。

神奈川県や京都市なども加わり、深夜営業の自粛により、深夜型ライフスタイルの転換を求める声が広がった。

思わぬ事態にコンビニエンス業界は「CO2の削減効果はわずか。深夜営業をやめることのリスクも大きい」と反発し、自治体対業界のバトルの様相を呈してきた。
--------------------


ところで昨年にも記事にした、ライトダウンキャンペーンですが。
今年もやってました。
【昨年の記事:どうして夜に?>>

続きを読む

posted by 隠密 at 22:57 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年06月20日

ペンの死神。

机をドン!!とぶっ叩くほどの怒りを見せた、鳩山邦夫法相。

朝日「死に神」報道に法相激怒 「死刑執行された方に対する侮辱」:iza>>
------------------
今月17日に宮崎勤死刑囚(45)ら3人の死刑執行を指示した鳩山邦夫法相を、朝日新聞が18日付夕刊で「死に神」と報道したことについて、鳩山法相は20日の閣議後会見で、
「(死刑囚は)犯した犯罪、法の規定によって執行された。
死に神に連れていかれたというのは違うと思う。(記事は)執行された方に対する侮辱だと思う」
と強く抗議した。
------------------


朝日新聞社広報部はのコメントは、こうだ。
----------------
「『素粒子』は、世の中の様々な出来事を題材に、短い文章で辛口の批評をするコラムです。
鳩山氏や関係者を中傷する意図は全くありません」
【法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で:asahi.com>>
----------------


そもそも辛口コラムだし、字数制限(短い文章でやる)あるんだから、というコトだそうで。

続きを読む

posted by 隠密 at 23:59 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年06月16日

ちょっと昭和。

子供の頃に住んでいた公園には、紙芝居屋さんが来ていた。
オッサンから水あめかチョコレートを、10円だか20円ばかしで買ったヤツだけが、紙芝居を見れるのだ。

引っ越した先では、ポン菓子を売り歩いているオジサンや、わらび餅(無論、容器は舟形の最中)を売り歩いているバアチャンが来ていた。

ちり紙交換も来ていたし、焼き芋屋や、チャルメラなんかも来ていた。
一時期、豆腐屋も来たことがあったのが、あまりの需要のなさからだったのか、すぐに消えてしまったが。

続きを読む

posted by 隠密 at 15:06 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年06月15日

意外と、頭を使うことが解りました。

最近、ヒマを見つけては宝探しをしています。
TVゲームしてるとか、そういうのではなくて。

【宝探し専門サイト】赤い鳥>>

現実でも探しに行けれるそうですが、旅行はしないタチなので、専らWeb版で探しているのだが。

宝箱の場所がある写真や、暗号化(?)された文書を元に、地図上から場所を特定すると、宝箱が…という宝探しだ。

続きを読む

posted by 隠密 at 12:52 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年06月14日

む…。

休みすぎて逆に復活しずらいなぁ…(苦笑)などと言っている場合でもなく。
【岩手・宮城内陸地震】震度6強…死者2人、けが人100人超:iza>>

土日にかかっての地震である。
週明け、ワイドショーがこぞって取り上げるだろう…。

続きを読む

posted by 隠密 at 13:39 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年05月19日

マウスパットの「マー」かな?

外国などで、馬鹿馬鹿しいけど真剣になってしまい、その真剣さが面白いという大会が、開かれちゃったりなんかしている時がある。

とにかく全員が、馬鹿馬鹿しさに手を抜かない所が、面白いのだ。

日本でも馬鹿馬鹿しいユニークな大会はあるのだが、どうも参加する側に恥じらいがあるのか、中途半端に馬鹿馬鹿しくて、「もっと砕けようぜ!!馬鹿に徹しようよ!!」と常々、思っていたんだが。

今年も開催「マウスパッド投げ世界大会」:excite>>
--------------------
いよいよ、間近に迫ったり北京オリンピック。
しかし、オリンピックと同じ夏に、人知れず行われる世界大会があるのをご存知だろうか?

その大会こそ「マウスパッド投げ世界大会2008」。
--------------------


続きを読む

posted by 隠密 at 19:16 | ラスベガス ☁ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年05月17日

時間を決めて行動すればいいだけでは?

どうして電車は、いつも直前に行ってしまうのか:excite>>
-------------------
つまらない話だが、「自分は運が悪い」と思うことがある。

毎日通勤に使っている電車が「乗る直前に行ってしまう」ことが、とても多いような気がするのだ。
2日に1回くらいだろうか。

ああ、今日も行ってしまった、そう思いながら次の電車を待つ数分間、妙に口惜しい時を過ごす羽目になる。
-------------------


私は電車は近頃、乗っていないが、バスはたま〜に乗る。

バスの時刻は特に記憶せず、目的地に間に合うように出るので、バス停で時刻表を見た時に「あ、さっき来たな…」というコトは、よくある。

続きを読む

posted by 隠密 at 23:40 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年05月12日

「妄想」が「現実」と同意義になっているのが、彼らだと思う

【法廷から】「なぜ女性にこだわる?」ストーカー被告に質問攻め:iza>>
---------------------
 9日、東京地裁で開かれたある事件の初公判では、裁判官が「なぜストーカーをしたのか」という質問を、男性被告(26)に浴びせかけた。

【中略】

「自分が納得したかった」「意地になってしまった」。被告は、ストーカー行為をした動機を説明したが、裁判官は納得できなかったようだ。
---------------------


そういう素質のない人には全く判らないだろうが、「自分が納得したかった」の一言で、「あぁ…成る程ね…」ぐらいは、私は判った。
素質があるのか、俺…?

続きを読む

posted by 隠密 at 02:39 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

2008年05月11日

私は字幕派です

洋画を見るとき、私は必ず字幕を選ぶ。
吹き替えで、アタリ役な声優さんが演じている場合は吹き替えを選ぶが(コロンボとか、ナイトライダーとか)、殆どは字幕だ。

俳優さん自身の、演じている声が欲しいのだ。

ナチスって何?字幕読めない若者に映画界困った:iza>>
------------------
若者の活字離れが進む中、映画会社が洋画の字幕づくりに苦慮(くりょ)している。
文字数を減らすだけでなく、漢字の使用を最小限にし、極力ふりがなをふる気の遣いよう。

「読み」だけでなく、中学生レベルの歴史的事実すら知らないというケースも。

こうした事情を反映し、アニメだけでなく、実写映画でも吹き替え版が急増。映画業界では「若者の知的レベルがこれほど下がっているとは…」と驚いている。
------------------


続きを読む

posted by 隠密 at 00:23 | ラスベガス ☀ | TrackBack(1) | 国内関連
--- Page top ---

2008年05月09日

その皺寄せは、患者に行くんですよね?

何となく見ていた記事だった。
【コラム・断】麻酔科医の逆襲:iza>>
------------------
最近、病院に所属しないフリーの麻酔科医が増えている。
医療機関と個別に契約して、手術のときだけ麻酔を請け負うのだ。
これだと自分の予定を優先できるし、休みも取りやすい。当直もないし、緊急手術にも応じなくていい。
それで年収が5000万を超える者も少なくないという。
------------------


あまりピンと来ないかも知れないが麻酔科医は、手術をするのに必要不可欠なスタッフなのだ。

誰だって麻酔ナシで手術は受けられない。
昔はモルヒネが麻酔代わりだったが、痛みを和らげるだけで麻酔じゃない。
痛そうだ…。

続きを読む

posted by 隠密 at 00:13 | ラスベガス ☀ | TrackBack(1) | 国内関連
--- Page top ---

2008年05月06日

若かりし頃の時代が、終わりを告げた感じ

“鈴木亜久里の冒険”終わる 大資本なしに困難:iza>>
すっかりお年を召した彼の顔を見て、「あぁ…老けたな、この人も…」と思わず感慨に耽ってみたりした(苦笑)。

私が必死にF1を見ていた頃は、まだアイルトン・セナが生きていた頃だ。

その当時のF1雑誌も、いくつかはまだ、手元に残ったまま。

続きを読む

posted by 隠密 at 23:59 | ラスベガス ☀ | TrackBack(0) | 国内関連
--- Page top ---

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。